CATV会社のホームページを見ると、インターネット料金の安さや速さを強調している会社が多いです。

でも、よく調べてみると、ADSLや光の方が安いんじゃない?というケースが結構あります。速さについても、必ずしもCATVが速いとは言い切れないし、逆にCATV会社だからこそ注意しておきたいポイントもあります。

そもそもCATV会社のインターネットサービスもベストエフォート型です。チラシに「CATVインターネットは速い!最大○M!」と書いてあっても、期待していたほど速度が速くない場合も多々あります。そんなときにCATV会社に苦情を入れても、「ベストエフォート型ですので、速度の保証はありません。」の一言で終わりです。

結局、どのプロバイダを選ぶにしても、利用してみなければどのくらいの速度で、かつ、速度が安定しているかどうか、というのは分からない、と覚悟を決めた方がいいと思います。つまり、速度を試すくらいの気持ちで申し込む方がいいのではと思います。

であるならば、いざ申し込んで利用してみたけれど、思うように速度が出ないとか、速度が不安定で乗り換えたいという結果になることもあるでしょう。そういうときに、解約費用が高いとか撤去費用がかかるとなると困るわけです。

解約費用の安さという視点でプロバイダを選ぶとすると、CATV会社というのは、解約費用や撤去費用が高い場合が多いのですね。また、そもそも加入金も高額な場合があります。

つまり、安さ重視ならADSL、速さ重視なら光方式を試してみて、速さに納得がいかないということなら、CATVを申し込んでみるというのが賢い選択なのではないかと思うわけです。

ページ上部に