CATVのインターネットを申し込むと、付属して無料のホームページサービスが利用できます。ホームページが持てればいいだけなら、CATVのホームページサービスでもいいと思うのですが、いっぱいの人に見てもらいたいとか、会社のビジネスのためのホームページなのであれば、ちょっとお金がかかりますが、自分のドメインを取ってレンタルサーバーを借りた方がいいのです。その理由は・・・

CATVの無料HPはgoogle検索で不利

CATVの付属のホームページサービスでは、googleなどの検索エンジンで上位表示されにくいからです。

CATVでホームページを作ると、http://○○.com(CATV会社のドメイン)/(あなたのID)/のようなURLになると思います。CATV会社のドメインの配下に利用者のホームページが設定される場合、同じ業種の会社などがあると、検索キーワードが被ってしまい、同一ドメインということで、競合してしまうのですね。その結果、検索エンジンの上位表示が狙いにくくなるのです。

つい最近まで、googleでは同一ドメインでは、2サイトまでしか検索結果に表示しないというルールがありました。つまり、同じCATV会社のホームページを利用しているサイトのうち、上位の2サイトまでしか表示せず、それ以下のサイトは省略されていました。現在ではこのルールは無くなったと公式には発表されているのですが、実際検索してみると、同一ドメインだと上位表示されにくい傾向があります。

たとえば、東京都豊島区の豊島ケーブルテレビの例を挙げてみます。豊島区立の小学校は豊島ケーブルテレビのホームページサービス(www.toshima.ne.jp)を利用しているようなので、「豊島区 小学校」でgoogle検索してみます。

www.toshima.ne.jpのドメインで運営されている豊島区の小学校は10数校あるようですが、「豊島区 小学校」で検索してみると、www.toshima.ne.jpのドメインの小学校は、1ページ目には1校しか表示されていないのが分かると思います。

検索結果の2ページ目までわざわざ見に来てくれるお客さんは非常に少ないです。1ページ目に表示されないと、ホームページを作る意味がないと言っても過言ではないので、独自ドメインの取得を検討されてはいかがでしょうか。

ページ上部に